自由な暮らしを追い求めて、今に至る。

シンプルな暮らしで*わたし*の花を咲かす

【ダイエット】筋肉量が少なくて、体脂肪が多い人へ捧ぐ!筋肉を増やす事の大切さをレポート!

どうも、ミルヒです。

 

筋肉量が少なくて、体脂肪が多い人へ捧げる!筋肉を増やす事の大切さをご紹介します。

 

 

 

最近は週3~4回は炭水化物を食べています。気になって体重を計りましたが、46~47キロをキープしていました!正直自分でもびっくりしました。

 

毎日している事といえば、散歩とスクワットぐらい。たまにYoutubeを見て腹筋やヒップ周りのエクササイズをするくらいです。

食事は、牛肉と鶏肉を毎食100~150gを昼と夜にとるようにして、たんぱく質の摂取は優先的にしています。あとは野菜もたっぷり。寒いので煮込み系が多いです。

 

野菜や果物を食べて酵素を積極的にとるという意味でも大事ですが、生の野菜や果物の方が、エネルギー的にも高いのでたくさん身体に入れたいものです☆

筋肉が増えてよかった事をシェアします! 

1、身体が暖かい 

オーストリアは毎日氷点下を超える日が続いています。日本にいた頃は、10度くらいでも毎日寒くて凍えていましたが、こっちに来ても代謝がよく身体が暖かいので、そこまで寒く感じなくなりました。常に身体がポカポカしています。冷え性対策にもよさそうです。

 

2、疲れにくい

前よりも疲れにくくなりました。外出してたくさん歩いた日も以前に比べて疲れにくく、とっても元気。前は家にいる時はベッドの上でゴロゴロしていましたが、今では、椅子に座って時間を過ごす事が多いです。恥ずかしい話ですが、だらしない生活がさらにだらしない身体を作っていた事は間違いないです。

 

3、一度筋肉をつければ、落ちにくい 

筋トレをしていた時に感じましたが、女性なので筋肉をつけるのには時間がかかりますが、体脂肪が38%~18%に落ちるのには時間がかかりませんでした。3カ月程度、筋トレと食事を気を付ければ、できます!

 

今までいろんなダイエット方法を試してきましたが、また太ってしまったとしても、同じ方法で健康な身体に戻します。理由は簡単です。一番効果があって簡単だったからです。

 

炭水化物を我慢するのは辛いです。でも、お肉や魚、サツマイモや少しの玄米は食べれますし、味付けだって自由自在。ファスティングやサラダと豆腐だけの生活やスープだけ!に比べれば全然つらくないですよ。お腹いっぱいになるのだから。

 

free-simplelife.hatenablog.com

 

 

free-simplelife.hatenablog.com

 

最後まで読んでい頂いてありがとうございます。

 

ミルヒ

 

オーストリアのスーパーマーケット事情

どうも、ミルヒです。

 

毎週月曜日にスーパーへ買い出しへ出かけています。こちらで買い物するようになって気づいたのですが、結構みなさんメモを片手に買い物している方が多いです。しっかり計画的に買い物されていて、見習わなくては!と思っている次第です。

 

さて、タイトル通り、オーストリアのスーパーマーケットのご紹介です。私の住んでいる町には4店舗あるので、順番に紹介しましょう。品揃いは、店舗の大きさによるので、これについては省略。

 

1、SPAR(シュパー)

http://www.spar.at/

 

価格帯・・中間

 

わたしはよく行くスーパーです。オリジナルブランドのSPARブランドやBUDGETブランドがお買い得です。鮮度もいいですし、一日に何度も品出ししています。野菜や果物で定期的に1€などで売られていて、買い物していて楽しいです。鶏肉とひき肉が安いです。

 

2、BILLA(ビラ)

http://www.billa.at

 

価格帯・・若干高め

 

高級スーパーというわけではないのですが、SPARに比べて全体的に価格設定が1.2~1.5倍程高めです。しかし、牛肉と豚肉が安く、朝の早い時間帯は半額シールが貼られているのでオススメ。サラダやサンドウィッチ、お寿司など種類も豊富で美味しいので、たまに利用します。

 

3、Hofer(フォッファー)

 

http://www.hofer.at/

 

価格帯・・安い

 

ディスカウントスーパーなので、上記スーパーに比べ3割程度安い印象。いつもブロッコリ、マッシュルーム、ショウガ、さつまいもを買っています。保存食品やお菓子、缶詰など安いです。ただあまりメジャーなメーカーという感じではなさそうです。いつも混んでいます。

 

実はこのHoferですが、カンガルーのいるオーストラリアにもALDI(アルディ)という名前の激安スーパーがあるのですが、同じドイツの会社が運営しているようです。ちなみに、ドイツではHoferとい名前でなく、ALDIでやってます!

 

4、Lidl(リドル)

Angebote - lidl.at

 

価格帯・・安い

 

Hoferと同じ系列のスーパーマーケットです。なので、基本的に同じような店内の雰囲気で同じような価格設定。私の家からはLidlが遠いのですが、広く買い物しやすいので天気がよい時は買いに行きます。

 

オーストリアへ引っ越す際、一番最初に気になったのが、実はスーパーマーケット事情。日々の料理ってとても大事なので、何がどのくらいの価格帯で、どんな食材が手に入るのか・・興味津々でいろんな方のブログを読ませていただきました。懐かしく感じます。

 

私も有益な情報をもっと発信できるように頑張ります☆

 

ミルヒ

 

 

寒さって比べる事ができるのでしょうか。

どうも、ミルヒです。

 

最近いかがお過ごしでしょうか。オーストリアもとても寒い日が続きいています。零下3度という日もあり、山の麓に住んでいるのでとても寒く感じます。ただ、1点日本(東京)と違うのは、風がないこと。その為、同じ気温でもこちらの方がそこまで寒くないように感じます。

一方、カナダ人の相方は、カナダよりも寒く感じるようです。風ないのは同じようですが、山があるので湿った冷たい空気がとても寒いようです。カナダ(オタワ)で零下30度でも外出していた事が信じられないと言っていましたw

 

不思議ですね。

 

寒さって比べる方法ってあるのでしょうか。

もしご存じの方いらしたら、教えてください。

医療費の高いカナダでピロリ菌検査を無料でした話

どうも。ミルヒです☆

 

カナダで生活し始めてわりとすぐに腹痛に悩まされました。はじめは疲れからかと思っていましたが、数日たっても腹痛は収まらず、病院へ行くことにしました。カナダ人はホームドクターという一人ずつ主治医に通常診察を受ける制度があり、私のような留学生や観光滞在者はWalk-in Clinic(ウォークインクリニック)という予約不要の診療所へ行く事になります。

 

予約不要なのですが、待ち時間が長く1時間以上は待ちました。それから腹痛とついでに胃が荒れているせいか口臭が気になる事を伝えました。触診では異常ないとの事なので、詳しい検査をしたいか聞かれたので、ピロリ菌の検査をする事になりました。血液検査は別日に別の検査専門の施設に行くように言われ、その日の問診では80ドルでした。別日実施した血液検査は13ドル。検査結果を聞きにまた80ドルを払いウォークインクリニックへ。結果は異常ありませんでした。そして腹痛も日が過ぎるごとに自然と消えていきました・・。

 

次の心配ごとは、合計170ドルの診察代。医療保険は入っておらず、EPOSカードでの海外医療保険制度を使用してみました。当日もらった診断書と領収書と必要書類を指定されたアメリカの保険会社へ郵送。約1カ月で入金がありました。入金方法も円建てで当日の換算レートで支払ってもらえたので、為替差損もなく実質ゼロ円でピロリ菌検査を受ける事ができました。日本だと検査は保険適用外(ピロリ菌がいれば保険適用)で、井戸水で育った田舎娘としては以前から懸念事項のひとつではあった為、今はスッキリした気持ちでいます。

追加情報ですが、仮に継続治療が必要な場合であれば、初診より6カ月の保険適用になるそうです。たとえ保険期間が残り1カ月で何か緊急的に病気になった場合でも、医療費の高いカナダでも安心して病院へ通うことができるので、安心できますね。オススメのクレジットカードです。

 

ミルヒ

オーストリアはシェンゲン協定加盟国だけど、日本人は半年間(180日間)滞在できるって本当なの?

どうも!ミルヒです。

 

今、オーストリアにちょうど90日と数日滞在しています。オーストリアはシェンゲン協定加盟国の1つだから、オーバーステイでは?と思われている方いらっしゃるかもしれませんが、大丈夫ですよ。
日本とオーストリアでは独自に協定を結んでおり、半年間滞在可能です。ただ、ある条件を満たさなければなりません。それは、入国時に関わります。
必ず、はじめにオーストリアに入国してください。たったそれだけですよ。例えば、シェンゲン加盟国のドイツ・フランクフルトで乗り換えてからのオーストリア入国は条件から外れてしまうので、オーストリアへ居住していたとしても、オーバーステイと見なされてしまいます。なので、これがとっても大事です。帰国時もシェンゲン協定国内での乗り継ぎには、乗り継ぎ用の特別ビザの用意などに手間がかかってしまいます。なので、イギリスやトルコ、ドバイなどシェンゲン加盟国以外の国経由でオーストリアの出入国をしてくださいね。

私の場合、実はカナダから出国しました。ウェブで情報収集をしていると「他国からオーストリアへ入国する場合は危険!」と書いてあるブログがあり、トラブルに巻き込まれたら心配になったので日本のオーストリア大使館へ問い合わせたところ「日本人なので大丈夫です。」とのことでした。

 

www.at.emb-japan.go.jp

 

実際、カナダから出国する際、出国審査は問題ありませんでしたが「観光ビザだけでは半年滞在できません。オーストリアはシェンゲン加盟国ですよ。」と搭乗30分前くらいにエアカナダのスタッフからアナウンスで呼び出しされて質問されました。
「日本人は特別ルールで半年滞在できます。調べてください。」と主張し、そこにいたマネージャーらしき女性がどこかへ電話やインターネットで確認していただいて、なんとか無事飛行機へ乗る事ができました。なんとかカナダを出国できましたが、到着した時にまたなにか言われるのかと一抹の不安を抱えながら、入国審査官の元へ行ったところ、特別質問もなにもなくすぐにスタンプを押してもらえました。特別帰国時の航空券も質問されることもありませんでした。

さて、すでに90日以上オーストリアへ滞在しているので、シェンゲン加盟国へ旅行で行くことはできなくなってしまいましたが、近隣で加盟国でないイギリスやトルコ、アイルランド、ルーマニア、キプロス、ブルガリア、モルドバ、などあります。特にオーストリアからロンドンやイスタンブールへは、往復100ユーロ以内で行けるチケットもあるのです。

 

jiyuugatanookite.com

 

ヨーロッパで長期滞在を検討している方に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

ミルヒ

オーストリアでマスクをすると取締りの対象になるって知っていましたか?

お久しぶりです。

 

1カ月強、ブログをお休みしておりました。我ながら反省しております。

あの、1日PV100アクセスを目標にしていたあの勢いはいずどこへ・・といった具合です。

 

もう2017年も残り1カ月になってしまい、今年やり残した事はないか手帳を点検してみたいと思います。

 

さて、相棒ですが、職場で風邪をもらってきてしまったようです。以前も記事にしましたが、オーストリアは日本と違って風邪の予防や他の方への配慮の為にマスクはしません。その理由がわかりました!!(タイトルでネタばれしてますが・・w)

 

 

free-simplelife.hatenablog.com

 

2017年10月1日より、公共の場で顔を隠す行為が禁止されているそうです!ちょうど彼が職場で笑われた時も9月の終わりごろ。

 

今となっては、笑われるからマスクをしないという理由ではなく、「取締り対象になるからマスク着用できない」という事になってしまいました!!

 

これ知らないでオーストリアへ旅行されるアジア人の方々、、本当に気を付けて欲しいです。もちろん何も悪い事していないので、注意されるだけだと想像しますが、いきなり警察から話しかけられたらちょっとびっくりしますよね・・。

 

mainichi.jp

f:id:free-simplelife:20171202020824j:plain